- 李白 蔵元日記 - 和好みワールドがありました 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します                                                                                                                                                                                                                                                                           
[169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先日20日(日)は、李白で行われたイベント 和好みワールド でした。

和好みワールドとは? → http://rihakusyuzoh.blog.shinobi.jp/Entry/149/


夏の夕べに李白の奥座敷で必要最低限の明かりの中、

力強い謡声と、きれいに響く小鼓の音。


とても不思議な空間で「幽玄」というのに相応しい。
fcebe286jpeg


  謡いと小鼓。

 どちらかというとロックだ、ポップスだ、フォークだといった
 音楽の方が慣れ親しんでいるはずなのに、

 何故でしょう。
 どこか懐かしさのようなものを感じてしまいます。

これが日本人の奥底に眠る何か・・・でしょうか。
(若干能楽の先生のお言葉をお借りしました。)

c3241374jpeg
ワークショップもありましたよ。
謡の先生に合わせて一緒に謡います。

た~か~さ~ご~や~~
a5a47101jpeg
けっこう難しいです。
私は全くついていけず・・・。

まるでお経。

チーン・・・。

謡の後はもちろん小鼓も

これがまた難しい。
音はでるのですが、なかなかキレイに響かない。
79ca2054jpeg
48ec81f2jpeg

音階もありません。
音の高さは紐を握ったり
緩めたりで
皮の張り具合を調節して
高さを変えるのです。

私のセンスがないだけか、
持ち方ですら
難しい・・・。

小鼓も全員の謡と一緒に鳴らします。
先生方、いとも簡単に謡って小鼓鳴らしてらっしゃいましたけど、こんなに難しいものだったとは・・・。

先生、すげぃ

af96217cjpeg

生演奏の後は先生方と一緒にお食事。

魚一さんの美味しいお弁当と
李白の酒。

とってもすてきな夜でした。



811ab381jpeg

李白の面々と先生。

幸流小鼓方の古田知英先生(左) と
観世流シテ方の 久保信一朗先生(右) です。

また機会があったら能楽聞きにいきたいなぁと思ったのでした

 

 

李白ってどんな酒? → http://www.rihaku.co.jp/


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(0852-26-5555)
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
[01/07 r-z-r.ru]
[01/04 guitar lessons For Kids]
[12/30 power washing tile]
[12/30 natural male enhancement pills ]
[12/28 Penis Enlargement Bible]
バーコード
携帯電話で上のバーコードを読み取ってください。携帯電話でも閲覧できます。
カウンター
忍者ブログ [PR]