- 李白 蔵元日記 - 神に供え、神と飲む 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します                                                                                                                                                                                                                                                                           
[165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日書こうとしてついつい脱線してしまった記事のリベンジです。

神と酒と祭

日本の祭で酒は不可欠。


神に酒を供え、そしてお下がりをいただく 「直会(なおらい)」 という儀式。

これは神と人とが同じ酒を飲むことで親密な関係を築き
それにより人間の神への祈願が通る神からのおかげを授かる という意味があるそうです。


なぜお供え物がお酒なのか

それはですね・・・

「米」 はかつて貴重な食材でした。
ですので米だけで作った食品 (白飯、餅、酒 等) はなによりのご馳走。

そのご馳走の中でも、最も手間と時間のかかる 「酒」 はご馳走の中のご馳走だった。
というわけです。


みなさん、神前にお酒をお供えする意味、わかっていただけましたか

神前には ワインでもなく、ビールでもなく、日本酒ですよ。
日本酒は「日本」酒 ですしね
ご馳走の酒を神と共に飲むのです。

そういえば、以前にテレビに出てた子が
「 仏壇にお供えしてあるものは 二回「チンチン」して拝んだらもらっていいんだよ 」
といって、仏壇のまんじゅうを見つけるなり 鈴(りん)を「チンチン」 と鳴らし、パッと手を合わせたら
まんじゅう まっしぐら。
足を痛めて動くのが困難な 弟がそれを見て「兄ちゃん、俺のも鳴らして」 と、
「チンチン」 「はい。」 ガツガツ・・・。

そんな一場面を思い出しました。
ちゃんと意味を考えて チンチン してお供え物をいただきましょうね。



李白ってどんな酒? → http://www.rihaku.co.jp/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(0852-26-5555)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/23 old navy father's day shirt]
[11/23 the godfather father's day shirt]
[11/23 father's day necktie and shirt cake]
[11/22 father's day tee shirt ideas]
[11/22 harley father's day shirt]
バーコード
携帯電話で上のバーコードを読み取ってください。携帯電話でも閲覧できます。
カウンター
忍者ブログ [PR]