- 李白 蔵元日記 - じてんしゃ図書館 忍者ブログ
島根県の地酒、李白酒造の蔵元による日記    李白のあれこれや、日本酒のあれこれを紹介します                                                                                                                                                                                                                                                                           
[162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152



ce62079c.jpg

一期一会。

自分がこれから どんな人に出会って、どんな事に出あって、どんな感情を抱くか、
それは誰にもわからない。

それがいい出会いか、そうでないか。
それは その人の運で、感じ方次第。

少なくとも今回の出会いは 運がよかった! と言える。



皆さんは 「 じてんしゃ図書館 」 ってご存知ですか
最近テレビや新聞によく出てらっしゃるそう。


昨夜、訳あって じてんしゃ図書館の館長さん 土居さん とご一緒しました。
実は土居さんのことはその時初めて知ったのですが、 大変感銘を受け、「ぜひ明日、我社にきてください!!!」 と言ってお別れしました。

そして今朝、ちょうど朝礼が終わった頃に、じてんしゃ図書館 館長 土居さんが 来て下さいました。

9065b6ef.jpg

← そう、このスタイルで。

自転車にたくさんの荷物を乗せ、
後ろには水車を連結させ、その水車に本が乗っています。

写真や映像なしでこの↑  説明をすると、私の頭がおかしいかの様に思われてしまいそう・・・。


土居さんの 持ち歩いている本は、世界平和や、環境についての本
以前に 「百年の愚行」 という本を読んで、「 自分にできることはないか!? 」 と考えたそう。
結局その本( 百年の愚行 )をより多くの人に読んでもらうために、図書館にこの本を入れてもらう様、お願いして歩いたそうです。
しかし、話すら聞いてくれない図書館もあり、
土居さんは 「 こんなことではダメだ 」 と、自分でも環境や世界についての本を持ちながら、貸出しをしながら全国の図書館にお願いして歩いているそうです。

それがじてんしゃ図書館。


何故自転車か。

簡単です。
自転車は移動で燃料の消費や、汚染物質を出すことがないからです。
77f7909cjpeg

← 館長の 土居さんです。

かなり素敵な方です。
出会った方は 土居さんの目を見てください。
本当に、きれいな、輝いた眼をしてらっしゃいます

c33fc02c.jpg

じてんしゃ図書館では
本を貸してくれます。

でも全国を周っている
じてんしゃ図書館に
返却所はありません



一人一冊の本を貸してくれます。
f0482271jpeg

本を借りると、土居さんが本の一番後ろのページに
絵を描いてくれます。

大きな木に葉っぱが一枚。

かわいらしい木です。
読み終わったら、その木に葉っぱを一枚書いて、誰かに回します


つまり、返却は不要。
8a47945ejpeg
こうやって一冊一冊丁寧に絵を書いてくれて、
その後は貸した人に託され、
リレーが始まるのです。
d6c4f045.jpg

李白では五冊の本を借りました。

本は子どもも読めそうな本を選んでらっしゃるので、
とても読みやすい

4eb4159fjpeg
まず李白酒造で回し読み、その後 外に旅させようと思います。





さて、これに刺激され・・・
李白酒造が一企業としてできることは何か

いろいろあります。
その中でも、お客様に協力していただかないとできないこともあります。

そこでお願い

お酒を買いにこられた皆さんには、エコバッグを持ってきていただきたいのです。
李白酒造でも4合瓶が3本入り、重い物にも耐えられるバッグを売っております。
とにかく何かしら袋をご持参下さい。

この時期、生酒等は保冷箱に入れてお渡しする場合もございますが、あまり持ち帰りに時間のかからない場合、また、車移動だけだから冷房のきいた状態で運ぶ 等の場合、
保冷箱無しで、そのままお持ち帰りいただき、冷蔵庫に入れていただきたいのです。

それにより直接 「環境」、「世界」に貢献できることは微々たるものかもしれません。
しかし、「"知っている" から" している"」 というCMがあるように、行動にうつさなければなにも始まらないのです。
そして、土居さんが 「 みなさんの意識改革をしたい 」 とおっしゃっていたように、
われわれも、「 そういう世の中になってきているのだ 」 ということを伝えていきたいのです。


ご協力お願いします。
そして、「百年の愚行」(写真集)を見てください。



李白ってどんな酒? → http://www.rihaku.co.jp/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今日の新聞に載っていたので、うちでも夕食の話題になりました。私も松江駅周辺で見かけて、何だろうと思っていました・・・声をかければ良かったなぁ・・・
みんみん 2008/06/25(Wed)21:02:08 編集
みんみん さま
あの写真を見れば、話題になりますよね(笑)
声をかけたら、きっと答えてくれたと思いますよ。
李白酒造の前にいたときも、通りがかりの方がメディアで見たと車から降りて借りにいらっしゃいました。
みんみん さんのもとにも誰からか本が周ってきたらステキですね!!
李白 蔵元 2008/06/26(Thu)10:17:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りはく
HP:
性別:
非公開
職業:
造り酒屋
自己紹介:
島根県松江市で125年間日本酒を造っております。
銘柄は「李白」。
このブログでは「李白」で起こったあれやこれや、いろいろ紹介していきます。

島根県松江市石橋町335
(0852-26-5555)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[10/18 water softeners for home]
[10/05 christmas shower curtains for bathroom]
[10/04 учебник английский язык 1 класс биболетова]
[09/30 ecommerce business plan]
[09/25 Магазин ОРГАНИЧЕСКОЙ КОСМЕТИКИ http://dikietravy.ru/]
バーコード
携帯電話で上のバーコードを読み取ってください。携帯電話でも閲覧できます。
カウンター
忍者ブログ [PR]